胎教アドバイザー®資格取得を通信教育または通学で
HOME> お宝祭の報告   
ご協力、ご理解ありがとうございました! 
 
テレビメディア

○ みやざき中央新聞
○ FM「Let's KYO Together!」 α-STATION
  (右:京都市総合企画局)

○ KBSテレビ
  (古塚幸一郎様:祇園祭の中継されているそうです!)


○ FMラジオ「Let's KYO Together!」 α-STATION

○ 京都新聞  後援
○ 京都新聞 後援:社会福祉事業団



主催:日本胎教協会 

 テレビ  テレビ  テレビ  テレビ  テレビ  テレビ  テレビ  テレビ

企画、設営、進行、司会、その他、ありがとうございました!

全国の胎教アドバイザー®関係者様、京都市の関係者様、他
写真には写っていませんが、たくさんのご協力いただきました。

写真提供:京都市総合企画局(森川宏剛様、他)
10か月! 企画・伴走・準備など…ありがとうございました。


これからですね。
30年先のかがやかしい未来、なすべきことが明確になりましたね。


有 ベビーカー、車いす場所、多目的トイレ、駐車場有
場所:京都 西本願寺内の聞法会館 

数字 お宝☆トークライブ



受付インフォメ嬢

まじめ真剣な胎教アドバイザー®

女性 日本胎教協会の代表理事(山村尊子)あいさつ

まじめ真剣 熱く語る様子が、夕方のニュースでも放映

マイク「日本胎教協会では、よい胎教(定義:おなかの赤ちゃんによい環境づくり」で、
幸せな家庭、平和な社会づくりに貢献しております!
京都市は、日本で最初の"小学校"発祥の地、"幼児教育"発祥の地なので、
よい胎教も京都市から発信!
(すでに、京都市はたとえば平安時代、貴族の中で
とても"みやび"な胎教をされていました。)」



バーコード京都市長(門川大作様)あいさつ

ダッシュかけつけてくださいました!
マイク「(よい)胎教は大切」
facebookにも
アフターダーク「京都市は妊娠初期からの子育てを応援しています」と。

≪京都市長(門川大作様)facebookページより引用≫
【胎教の大切さを実感!日本胎教協会の素晴らしい取組に感謝!
発端は"みんなごと"のまちづくり推進事業「まちづくり・お宝バンク」での
日本胎教協会からの取組提案です。“お宝祭”@西本願寺に伺いました。】
地方創生・京都創生実現のため、行政主導ではなく、市民、地域、NPO、企業等が
人口減少社会や地域の課題に危機感と同時に、使命感や夢・目標を共有し“じぶんごと”
“みんなごと”として考え、主体的に行動する。
京都ならではの「地域力」「人間力」「文化力」と行政が、お互いを磨き合い、
課題を解決する取り組み、提案を募集し、それらを「まちづくり・お宝バンク」に登録。
これまでに230件を超える取組提案を頂き、パートナーが表れ、市も応援し、着実に具体化!
本日は、胎教(おなかの赤ちゃんに良い環境づくり)の大切さを研究、啓発、実践されている、
日本胎教協会 山村尊子代表らがシンポジウムを開催。全国からご参加。
明和政子 京大大学院教授、書家の山村龍和さんらのトークはなかなか聞き応えがありました。
幸せな家庭、平和な社会の実現に向けお取組みの皆さんに敬意と感謝。
妊娠初期からの子育てを応援している本市、また、明日から各区・支所に「子どもはぐくみ室」を
創設し、市民ぐるみではぐくみ文化を育てる京都市としても、心強い限りです。
一層連携を深め「響働」の取組を推進したいです。ご尽力の関係者に敬意と感謝。(H29.5.7)


さぁ、人類が幸せな方向へと進む、
緊急会議!


「幸せな社会づくり」について、
理想論でもなく、イメージでもなく、
科学で納得、
人類の危機を脱出するヒントを得ました!


明和 政子先生
(京都大学 大学院 教育学研究科 教授,
東京大学 客員教授、科学者)

マイク「生物学的にみても、人類の危機です!」
ひとりで子育てができるように体はつくられていない、
人類は共同養育で発展してきたのだそうですおぉ!
科学者の立場からのお話で、
貴重なお話ばかりでした。

たとえば、妊娠期の強いストレスが、
科学的な根拠をもって、
どのように影響するのか、というお話や、

人類の幸せの鍵となるキーワードについてなど、
皆様の心が大きく動き、
具体的ななすべきことが明確に
なっていく内容でもありました。

書道山村 龍和
(書道家、日本胎教協会発起人)
マイク「江戸時代はイクメンはごく普通にみられる光景」

・イクメンは新しくない。男は仕事、女は家事、育児は、さかのぼると大正時代あたりに、
 サラリーマン、富国強兵ぐらいから、男性が、女性が家庭を支えるということが固定化
 たとえば、江戸時代、育児をする父親の姿は日常光景だった。

・三つ指ついて「おかえりなさい」が理想の家庭像だったが、2人目の育児を経験して、
 できないのは当然だとはじめてわかった。

・平安時代の京都の貴族で行われた雅(みやび)な胎教

龍和:本日の言葉(写真:即興の書「響動(きょうどう)」)




数字 お宝☆交流会

跡田 たま江先生
(群馬県代表 胎教アドバイザー®)
「連携のコツ」

保育園保育園の園長先生でもあり、こどもの輝かしい未来を常にお考えです。
連携は大切。お話の中に、ヒントがありましたね。

友達30年後の未来に向けて、なすべきことをグループごとに発表

写真・発表中の松野光宏様(京都市総合企画局の部長)
ゲストの明和先生グループは、
2016年よみうり子育応援団大賞を受賞された丸橋様をはじめ、
日本のお産、子育てをよい方向へと進めてこられた実力者が集まりました。


発表:下川りん様(胎教アドバイザー®愛知、助産師)
学び熱心で探究心が旺盛なグループ



発表:杉原美代子様(胎教アドバイザー®広島、看護師)
産婦人科でお仕事をされていたり、専門家グループ

など…。​​​​​​​


明和政子先生の総評

私たちのなすべきことが明確になり、
ひとりひとりの「お宝」がつながる、
圧巻の総評でした。


ひとりひとりの「お宝」を持ち寄り、
新たな「お宝」が生まれました。



数字 オリジナル図書カード、協賛品などの抽選会

司会2 : 山本展子様(胎教アドバイザー®大阪)


メイン司会:奥村晴美様
(胎教アドバイザー®福岡代表、保育士、劇団の団長)


音響、スライド、照明(上田様)



ひとりひとりの持っている「思い(お宝)」が集まったら、
きなことができる。

ひとりひとりのできることを持ち寄り、
みんなが思い描いている30年後を
つくりました。

≪ 主催 ≫
日本胎教協会

≪ 後援 ≫
・ 京都市教育委員会
・ 京都市
・ 京都新聞
・ 京都新聞 社会福祉事業団
・ 京都府教育委員会

≪ 協力≫
・胎教アドバイザーR

主な写真提供 : 奥野潤子様(胎教アドバイザー®三重、セラピスト、イベンター)

子、宝なり。
国の存続のためにも、
子どもが産み育てられる社会をつくりましょう。

妊娠初期からの、
「おなかの赤ちゃんにやさしい環境づくり」は、
社会問題
(孤立育児、虐待、育児ノイローゼ、いじめ、少子、孤独死など)
の解決につながり、
人類、国を発展させます。
 

 









 その他、お気軽にお問い合わせをいただいております。





胎教アドバイザー®資格取得 ご案内






▲胎教アドバイザー®資格取得 ご案内へ戻る