日本胎教協会は、胎教アドバイザー®資格者を通して、

よい胎教で、幸せな家庭、明るい社会に貢献し、地球にやさしく心躍る未来を創造します。

日本胎教協会は、胎教とは「おなかの赤ちゃんによい環境づくり」であると定義しています。

私たちができる胎教は、地球環境によいことを意識して過ごすこと、妊婦さんへのやさしい心づかいと考えています。

良い胎教が広がるメリット

胎教アドバイザー®資格とは
胎教アドバイザー®は、産まれる前の子育てを応援する資格者で、主に、下記のような職種の方が資格取得されています。

胎教アドバイザー®の社会貢献

日本胎教協会の胎教アドバイザー®資格者は、歴史、古典の豊かな内容に襟を正しながらも、現代の社会情勢に合わせながら、私たちができる胎教を広げる活動をしています。

胎教アドバイザー®資格取得者は、赤ちゃんと関わる資格をお持ちであったり、赤ちゃんと関わる職業、子育て支援に関わる方、出産、子育て、胎教の素晴らしさを経験された方、これから幸せな家庭づくりを目指される方、年齢層は20代~70代、女性が多く活動中です。

胎教アドバイザー®資格講座で学んでみませんか?

胎教アドバイザー(R)資格講座の応募要項バナー