一般の方向け☆ご寄付など

活動報告

日本胎教協会の理念/事業に賛同してくださる皆様へ

代表理事の山村高賀子です。

当協会は、理念/事業のもと、
胎教アドバイザー®資格者による
「マイナス1歳®子育て」事業を通して、
胎教で、明るい社会づくりを目指す団体です。

お母さん、お父さんを笑顔に、
これから産まれてくる子たちが、
今よりも幸せになってほしい、という願いから、
妊娠期に親性を醸成していく胎教手帳®クラスを開発しました。

スケールが大きなお話になりますが、
魅力ある町、若者が住みたいと思う町づくりを目ざす自治体に、
胎教手帳®クラスを買い取ってもらう予定です。

当協会理事をはじめ、
多くの人の協力を経て、
胎教手帳®クラス開発までに、
胎教アドバイザー®資格者養成をはじめ、
市民活動などを通して、
3,000万円以上の自己資金を投入しています。

今後も活動を継続、充実していくためにも、
応援(資金)が必要です。

応援、ご寄付をしていただける方は、
よろしくお願いします。

  • 寄付 一口 団体100,000円
  • 寄付 一口 個人 50,000円応援金の集まり次第で、下記の経費に充当します。
項目(寄付金の使用用途 1年あたり予定) 1年間 8,720,000円
雇用関連 1~3名を予定 4,320,000円~
開発 2,400,000円
広報 320,000~550,000円
会員維持 1人 8,000円×会員数
事務所、維持費など 1,500,000円

・ご希望でWebページに、企業名、団体名を掲載いたします。

・スポンサー(協賛)として、名前を記載します。