日本胎教協会®
HOME > 日本胎教協会®
このたびの西日本を中心とする豪雨により、被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。
皆さまの安全と被災地の一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。


【 7月18日(水)広島駅 通学2日目 お知らせ(胎教アドバイザー®資格講座) 】
警報~特別警報、避難準備~避難勧告など発令された際


資格取得おすすめは胎教アドバイザー®資格講座
≪ 2019年 胎教アドバイザー®資格講座 受講生募集がはじまりました! ≫




胎教アドバイザー®はよい胎教で明るい社会づくりに貢献
≪ 2018年イノベーション★アワードに挑戦!応援お願いいたします! ≫




ニュース リリース

おなかの赤ちゃん子育て応援☆彡胎教アドバイザー®
news release
○ ニュース リリース予定 2019/11/20(水)No4

○ ニュース リリース予定 2018/9/5(水) No3

○ ニュースリリース 2017/5/2(火) No2

○ ニュースリリース 2017/4/11(火) No1



ニューズレター「Hippocrates」


○ ニューズレター最新_hippcrates2018-4.pdfアップいたしました。

○ ニューズレター秋冬_hippcrates2017-11.pdfアップいたしました。



新着情報 2018年


○(急募!)奥様が妊娠5か月以前のプレパパ様!研究にご協力ください
(研究責任者 京都大学大学院 教育学研究科 明和政子教授)



○ ★ プチ胎教会 50分 ★京まなびネット(京都市教育委員会事務局サイトへジャンプ)
対象:京都 ★ 第一子を迎える「妊娠5か月までの妊婦さん、妊夫さん」

あなたの街の胎教アドバイザー®サイト
胎教の先生



○ 北日本新聞「02ゼロニイ(23万5000部発行)」 2018年3月
胎教アドバイザー資格をご紹介いただきました。


○ 情報誌「まなびぃ あいち」(愛知県教育委員会 約8,000部)2018年4~6月号
胎教アドバイザー資格 掲載中


○ 日経WOMAN2月号 取材胎教アドバイザー®資格
約570個以上の資格を取得されている鈴木秀明先生がご紹介くださいました。
「少子化時代に需要拡大の期待大」が見出し


○ 日経BP社 日経DUAL編集部より当協会 代表理事が取材を受け6ページの記事になりました。
配信2018/1/29,1/22

○ 【京都市「市政参加とまちづくり」
市民ライターに取材いただいた記事が配信されました。



理念


 よい胎教で、幸せな家庭、明るい社会


日本胎教協会は「よい胎教が広がることで、 こんな素敵な社会になる!と考えています。


胎教とは



「よい胎教で、幸せな家庭、明るい社会」が広がること、
これが、日本胎教協会の思いです。





胎教




ビジョン

よい胎教には、
おなかの赤ちゃんとそのご家族だけではなく、
産まれてくる赤ちゃんと関わる方をはじめ、
私たち一人ひとりのやさしさ、愛、願いが集まります。

人類の明るい未来のためにも、
よい胎教、おなかの赤ちゃんへのやさしい気持ちが広がり、
進化への過程を、共に模索しながら、
引き続き伴走、支援、ご理解いただけると幸いです。

正しい胎教、よい胎教がすみずみまで伝わり、
幸せな家庭、平和な社会につながるように
美しく次世代へバトンをつなげるためにも
10万人の胎教アドバイザー®資格者活躍をめざしています。




胎教の定義(日本胎教協会®)と活動


胎教とは?
胎教の定義(日本胎教協会®) 「おなかの赤ちゃんによい環境づくり」は、
日本胎教協会®が提唱する広義の「胎教」の定義です。

私たちができる胎教は、
妊婦さんにやさしくすることです。


胎教アドバイザー®の活動

胎教アドバイザー®は、 おなかの赤ちゃんによい環境づくりの専門家です。

・よい胎教のためのリラックス
・心身の健康への働きかけ
・きずなづくり(語りかけやタッチングなどの気をつける点)
・胎教の絵本読み配慮事項
・胎教のために…と、音楽を聴かせる時の注意点
・胎教によいこと
・おなかの赤ちゃんとの関わり方
など、胎教アドバイザー®にご相談ください。

日本胎教協会では、
胎教アドバイザー®資格者を養成しています。


胎教アドバイザー®について

ヒトは、共同で養育することで、
人類が発展してきた歴史がある、
ということを科学者が述べています。

しかし、近年、ヒトが発展してきたシステムが崩壊し、
生物学的にみても、人類の非常事態なのだそうです。

胎教は、およそ3000年の歴史があり、
その歴史や古典をたどると、
聖人や王、かけがえのない人のために、
学問と経験すべてを動員し、
究極の法として編み出されたものということがわかります。

平安時代(都が京の時代)の貴族社会では、胎児に美しい書をみせたり、
人格形成や、情緒の安定につとめたりと、文化学術的な要素もありました。

日本胎教協会の胎教アドバイザー®資格者は、
歴史、古典の豊かな内容に襟を正しながらも、
現代の社会情勢に合わせながら、私たちができる胎教を
広げる活動をしています。

胎教アドバイザー®資格取得者は、
赤ちゃんと関わる資格をお持ちであったり、
赤ちゃんと関わる職業、子育て支援に関わる方、
出産、子育て、胎教の素晴らしさを経験された方、
これから幸せな家庭づくりを目指される方、
年齢層は20代~70代、女性が多く活動中です。



胎教







 会長 ごあいさつ 


私は、こどもの明るい未来と、幸せな家庭づくりを追求し続けてまいりました。
数年前、産婦人科医院を開業予定のご夫婦より、「胎教を体系的に学びたい」と相談を受けましたが、 胎教を専門的に学べる場がなかったことと、「正しく胎教が広がり、幸せな人を増やしたい」という思いから、 2012年に日本胎教協会®を発足いたしました。 さらに、赤ちゃんと関わる看護師、教室の先生のご要望で、胎教アドバイザー®資格講座を開講いたしました。
よい胎教は、社会課題(孤育て、虐待、自殺、少子)の解消につながる近道と考えております。
よい胎教の成果でよく耳にするお話ですが、私の息子も、産まれてすぐから情緒が安定していて、よく笑い、夜泣きはなく、 おなかの中で聞いていた絵本を、生後2週間の時に、お話してくれたり、「ママ」「おっぱい」「おねえちゃん」「おおきい」などお話をしてくれた時は、驚きました。おなかの赤ちゃんは、何でもわかっているのですね。
よい胎教を通して、幸せな人が増え、孤育て、虐待、自殺、少子などの社会課題の解消、人類の発展にお役に立つことができれば、うれしく思います。 社会的意義ある事業を実施してまいりますので、引続きご支援をお願い申し上げます。
山村 尊子


■ プロフィール ■
日本胎教協会®代表理事。 国家資格キャリアコンサルタント(2004年~)、保育士。資格取得スクールで教務と営業を経験後、日本キャリアデザインを設立し、カウンセラー、簿記講習を中心に活動。 児童養護施設、保育所に勤務を経て、(株)七田チャイルドアカデミー本社(おなかの赤ちゃんから通える全脳教育のパイオニア的存在の教室を全国450ヶ所に展開) の七田式講師などを通して多くの子ども、保護者と関わる。産まれてくる赤ちゃんが、幸せな人生を送ることができることを目指している。 2月23日(妊婦さんの日、富士山の日)生まれ、4人家族(夫、子2人)。メディア:テレビ朝日、テレビ東京、TBS系、NHKラジオ、FM京都、NHK関西等。




特別顧問:池川明先生のメッセージ

■ 日本胎教協会®を応援しています。

胎教は受精した瞬間から赤ちゃんを一人前の人として尊重して、コミュニケーションをとる、という意味があります。 私たちの持つ常識とはかなり異なりますが、そのような世界があることの知識の普及に日本胎教協会は力を入れています。そのような胎教協会を応援しています。

■ プロフィール ■
池川明 胎内記憶、周産期心理学会の日本におけるアドバイザー 帝京大学医学部大学院卒。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、 1989年横浜市に産婦人科の池川クリニックを開設。 年間約100件の出産を扱い現在に至る。『胎内記憶』の第一人者、新聞で紹介され話題となる。現在、お産を通して、豊かな人生を送ることができるようになることを目指している。代表著書『おなかの中から始める子育て―胎内記憶からわかるこれだけのこと(2003年テレビ放映)』をはじめ多数メディア活動を通して、妊婦や研究者にはもちろん広い世代に親しまれている。2014年東久邇宮記念賞を受賞。 「出生前・周産期心理学協会(APPPAH、The Association for Pre‐&Perinatal Psychology and Health)」の日本におけるアドバイザー。CiNii論文検索:http://ci.nii.ac.jp/author?q=%E6%B1%A0%E5%B7%9D+%E6%98%8E




胎教サポーター宣言をする!



胎教専門の先生










新聞・ニュース・雑誌など、取材いただきました


胎教アドバイザー®資格講座の話題


○ 日経WOMAN2月号 取材胎教アドバイザー®資格
約570個資格取得の鈴木秀明先生がご紹介くださいました。
「少子化時代に需要拡大の期待大」が見出し

○ 北日本新聞「02ゼロニイ」 2018年3月
胎教アドバイザー資格をご紹介いただきました。


○ 日経BP社 日経DUAL編集部:配信2018/1/29,1/22


○ 【京都市「市政参加とまちづくり」
市民ライターに取材いただいた記事が配信されました。


○ Yahoo!ニュース 2016年4月

○ 京都新聞ウェブ版 2016年4月


○ 47ニュース(ニュースジャパン、共同通信ヘッドライン)

○ 京都新聞1面 2016年3月


○ その他、北陸放送「ラジパラw」
ケイコとマナブ
生涯学習センター(教育委員会)
など


胎教
◎ 胎教アドバイザー®資格取得 ご案内




≪ 山村尊子(当協会 代表理事)メディア ≫

○NHK京都テレビ

○NHKラジオ関西
 
○FMラジオ(αステーション)

○京都新聞

○KBS京都テレビ ニュース

○テレビ朝日系列「新婚さんいらっしゃい」

○TBSテレビ系列「ひるおび!」

○TBS系 全国28局 「ハッピーフォトTV」

○北陸放送ラジオ「ラジパラw」








胎教アドバイザー®資格取得 ご案内









活動実績

 
2018年 胎教アドバイザー®資格講座8期開催
・(取材)日経DUAL配信
・(取材)日経WOMAN2月号
・(取材)京都市「お宝バンクNo149」プロジェクト「おなかの赤ちゃん子育て応援」
・「思い」つなぐプロジェクト☆
2017年 胎教アドバイザー®資格講座7期開催
・FMラジオ(αステーション)、KBSテレビニュース放映
・京都市まちづくり・お宝バンク登録事業「おなかの赤ちゃん子育て応援(日本胎教協会®)」実現に向けて京都市より伴走型支援
 お宝祭(終了レポートはこちら)を開催
・「胎教(導入編)」セミナー開催
 (参加:助産師30名、医師2名、看護師、子育て支援関係)
2016年 ・京都新聞1面に大きく取り上げられる
・5つのメディア(Yahoo!全国ニュースなど)に掲載
・北陸放送ラジオ(ラジパラ)で胎教アドバイザー®資格講座を取り上げていただきました。
・京都市長公室「お宝バンク」に「おなかの赤ちゃん子育て応援(日本胎教協会®)」事業提案を登録
・豊橋市110周年イベント採択
胎教アドバイザー®資格者50名誕生
・yahoo!カテゴリ登録
2015年 ・胎教ブログランキング5年連続☆1位
・第27回KYOのあけぼのフェスティバル
 (京都府男女共同参画センター)講評
・京都おやじの会(京都市教育委員会/名誉会長 京都市長)
 「OK企業」認定
・かがわ学びプラザ(香川県教育委員会)
 1期生の集合写真が半年間トップページ掲載
胎教アドバイザー®資格講座1期、2期(東京)開催
2014年 ・京都市生涯学習フォーラム登録
(京都市教育委員会)
・きょうと子育て応援パスポート(京都府少子化対策課)
 協賛団体登録
・生涯学習センター資格検索に登録(愛知・三重・香川)
・商工会議所「知恵のチャレンジャー」登録
2013年 胎教アドバイザ-® 特許庁登録
・胎教協会® 特許庁登録
・胎内記憶フェスティバル 後援
・Yahoo!「胎教」検索1位
・育MENプロジェクト賛同
2012年 ・「胎教」ブログランキング1位
・「胎教」コンサルタント活動スタート
・胎教講習の実施スタート







団体概要


 
団体名 日本胎教協会®
理念 よい胎教で、幸せな家庭、明るい社会
業種 学術文化
代表者名 山村尊子
主たる事務所 京都市下京区中堂寺南町134
公益財団法人 京都高度技術研究所8階 8D10
事業内容 1.子育て支援
2.胎教アドバイザー®資格発行
構成 日本胎教連盟
加盟団体 京都生涯学習フォーラム(京都市教育委員会)
京都商工会議所
京都市市民活動総合センター








胎教アドバイザー資格取得 ご案内



胎教専門の先生









▲日本胎教協会®トップページへ戻る