胎教
HOME > 胎教協会®

胎教とは


 胎教とは、おなかの赤ちゃんによい環境づくりをすること
です。

おなかの赤ちゃんは天才
おなかの赤ちゃんの五感は、
(味わう、かぐ、さわる、聞く、見る)
妊娠3~5か月ぐらいには発達し、いろいろなことを感じ取っています。
もちろん、記憶力、感情があり、何でもわかっています。
おなかの赤ちゃんと、コミュニケーションをとり、きずなづくりをすると
たくさんの素晴らしいことがあります。




【 よい胎教で育てた赤ちゃんの特徴 】
● 穏やかでよく笑う
● めったにぐずらない
● 学習の能力が高い
● 社会性が高い
● 情緒が安定している

【 胎教における、社会的メリット 】
● 父性・母性が醸成される
● 父親、母親が大好きな子どもが生まれる
● 夫婦関係がよく、育児が楽しい方向になる
● 胎教からの明るい子育ては、子育てに憧れる若者が増え、
 社会問題(少子化・いじめ・虐待など)の解決につながる!


生後3か月 よく笑う赤ちゃん( 胎教の効果の一つ )




新聞・ニュース・雑誌など


Yahoo!ニュース 2016/4
Yahoo!全国版ニュース 胎教の資格


京都新聞の一面に大きく 2016/3
京都新聞 胎教の資格


京都新聞ウェブ版 2016/4
ニュースJapan Press Netwaok(共同通信ヘッドライン) 2016/4
・ケイコとマナブ掲載
・NHKラジオ関西
・NHK京都ニュース
・TBSテレビ 全国ネット「ひるおび!」




▲4期生の詳細はこちら

残席わずか 先着順!
京都駅、岡山で通学して胎教アドバイザー資格取得
◆ 今 お申し込みで、「図書カード1000円分」プレゼント!




 代表あいさつ 

胎教アドバイザー講座の担当胎教協会の山村尊子です。
私は、こどもの明るい未来と、幸せな家庭づくりを追求し続け、
「胎教」に辿り着きました。
5年前、産婦人科医院を開業予定のご夫婦に、胎教のお話をさせていただいた時「胎教をもっと学びたい」「胎教を広げたい」と要望を受けました。
胎教を専門的に学べるところがありませんでしたので、胎教協会が発足されました。さらに、
〇 胎教をきちんと学びたい
〇 胎教の教室をしたい
〇 講座をしてほしい、
というご要望をいただき、今日まで成長させていただいております。
私も、おなかの赤ちゃんと家族の心を一つにした「愛ときずなの胎教」をすることで、
子育てがとても楽しく、世界一幸せな家庭を築いております。

私たちができる胎教は、
妊婦さんにやさしくすることです。

妊婦とそのご家族ができる胎教は、いろいろありますが、
たとえは、
・胎教のためのリラックス
・心身の健康への働きかけ
・家族のきずなづくり(語りかけやタッチングなど)
・胎教の絵本読み
・妊婦によい環境づくり
・胎教マタニティコンサート
・胎教によい音楽を聴かせる
・その他、胎教によいこと
です。

これからも社会的意義ある事業を実施してまいりますので、
引続きご支援いただけますようお願い申し上げます。


■ プロフィール
胎教協会の代表理事。2月23日(妊婦の日)生まれ。胎教アドバイザー講座を総監修。
明るいこどもの未来を追求し続け、保育士(児童養護、障がい児施設・保育所)、 早期教育業(胎教・乳幼児・障がい児・小学生)で17年間の現場経験と実績を積む。 2003年キャリアコンサルタント資格取得。カウンセリングのトレーニング修了。 「こどもの心身の健全な成長には、“愛ときずな”が大切。 胎教からはじめる子育ては、明るい社会への近道」という信念で、 胎教で幸せを広げる活動をしている。4人家族(夫・子2人)。



池川明先生のメッセージ

■ 胎教協会を応援しています。

 胎教は受精した瞬間から赤ちゃんを一人前の人として尊重して、コミュニケーションをとる、という意味があります。 私たちの持つ常識とはかなり異なりますが、そのような世界があることの知識の普及に胎教協会は力を入れています。そのような胎教協会を応援しています。

池川明 胎内記憶■ プロフィール    東久邇宮記念賞の受賞

 帝京大学医学部大学院卒。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、
1989年横浜市に産婦人科の池川クリニックを開設。
年間約100件の出産を扱い現在に至る。『胎内記憶』の第一人者、新聞で紹介され話題となる。現在、お産を通して、豊かな人生を送ることができるようになることを目指している。代表著書『おなかの中から始める子育て―胎内記憶からわかるこれだけのこと(2003年テレビ放映)』をはじめ多数メディア活動を通して、妊婦や研究者にはもちろん広い世代に親しまれている。




活動実績

2016年
・胎教アドバイザー®資格講座 受講生70名
・Yahoo!カテゴリ登録

2015年
・第27回KYOのあけぼのフェスティバル(京都府男女共同参画センター) 講評
・京都おやじの会(京都市教育委員会/名誉会長 京都市長)「OK企業」認定
・かがわ学びプラザ(香川県教育委員会):1期生の集合写真が半年間トップページ掲載
・胎教アドバイザーが全国(新潟・東京・福岡など)で18名活躍
・通学1期生、2期生の東京開催
・オーストラリア・ロシアで胎教アドバイザー講座スタート

2014年
・京都市生涯学習フォーラム登録(京都市教育委員会)
・きょうと子育て応援パスポートの協賛団体へ登録(京都府少子化対策課)
・生涯学習センターの資格検索に登録(愛知・三重・香川)
・京都商工会議所「知恵のチャレンジャー」に登録

2013年
・胎教アドバイザー®、胎教協会® 特許庁登録
・胎内記憶フェスティバル 後援
・Yahoo!「胎教」検索1位
・育MENプロジェクト賛同(厚生労働省雇用均等・児童家庭局の委託事業)

2012年 
・「胎教」ブログランキング1位
・胎教講習の実施スタート





団体概要


理念のもと、胎教を専門とする学びの機会を提供しています。
 
団体名 胎教協会
~家族のきずなづくりのパートナー~
理念 (1)愛ときずなの胎教で、明るい家庭と社会づくり
(2)きずなが社会をかえる

業種 子育て支援
代表者名 山村尊子
主たる事務所 京都市下京区中堂寺庄ノ内町50番18
事業目的 こどもと共に育つ明るい社会の支援







胎教アドバイザー資格講座(通学) お申し込み 


資格取得ガイドをこちら(PDF)からダウンロードできます。


▲4期生の詳細はこちら

残席わずか 先着順! 
京都駅、岡山で通学して胎教アドバイザー資格取得
◆ 今 お申し込みで、「図書カード1000円分」プレゼント!







▲胎教アドバイザー®資格講座 募集要項2016へ戻る